【結婚式エンドロール】写真 or 撮って出し?東京都内エンドロール制作のプロが教える節約術と手作りのコツ!

CONTACT

BLOG

【結婚式エンドロール】写真 or 撮って出し?東京都内エンドロール制作のプロが教える節約術と手作りのコツ!

2020/06/07

 こんにちは!STUDIO SUGARです!今回は、これから結婚式を挙げる新郎新婦のおふたりに、結婚式エンドロールの選び方をご紹介します。節約術やクオリティを上げるコツもご紹介しますので、最後まで読んでぜひ参考にしてみてくださいね!

Which is the BEST!?

結婚式のエンドロールって写真の事前制作と撮って出しどっちが良いの??

 いまや定番となった結婚式のエンドロールムービー。披露宴の結びで上映され一番感動的で祝福に包まれた雰囲気の中で上映されるため、エンドロール は結婚式ムービー商品としてマストアイテムとなりました。エンドロールには写真素材を利用した「事前制作」のものと、当日撮影した動画を使用する「撮って出し」のエンドロールがあります。それぞれにメリットとデメリットがありますので紹介するとともに、自分でエンドロールを手作りする際のコツもご紹介していきます。ぜひ最後までチェックして参考にしてみてくださいね。それではひとつずつ見ていきましょう!

事前制作のエンドロール

Pre-production

 事前制作のエンドロールとは、今まで撮った写真の中から使用する素材を選んでスライドショー形式で制作したエンドロールのことです。

 メリットとしては、価格が安いこと。動画編集の知識があって、結婚式準備にかける時間もたっぷり確保できる方であれば手作りも可能です。また、事前に制作できるので落ち着いて作ることもでき、凝った編集で作り込もうと思えばいくらでも加工が可能です。

 デメリットとしてはやはり当日の様子が一切映らないこと。ゲストの方の中にはエンドロールを楽しみにされている方も多く、当日の映像が流れないとサプライズ感が無くてなんだか物足りなく感じるなんてことも。また事前制作のエンドロールは写真のみで構成するので、全体的に動きが少なく感じます。また、出来上がったエンドロールが会場できちんと上映ができるかどうか、ご自身で確認しなくてはいけない場合もあります。当日バタバタした中でエンドロールがきちんと上映できるかチェックする時間は限られてしまいます。また、万が一トラブルがあった場合も自己責任になる場合が多く、最悪の場合せっかく作ったエンドロールが上映できないというケースも少なくありません。

 

【メリット】

● 価格が安い

● 手作り可能

● 時間をかけて凝った作り込みが可能

 

【デメリット】

● 当日の様子が映らない

● 映像として動きが少なくクオリティが低い印象になりやすい

● 手作りの場合はきちんと上映できるかどうかの確認を自身で行わなければならず、最悪の場合上映ができないことも

 

 

 

〜事前制作のエンドロールを手作りするときのコツ〜

 それではここで、写真を使ってエンドロールを手作りする際のコツをご紹介します。それはズバリ、動画も使用すること!事前制作とはいえ写真だけの概念に囚われずに動画も使用して編集してみましょう。写真と動画を織り交ぜて編集することで、画のバリエーションがグッと多くなり、見ているゲストの側からしても飽きずに見られます。写真素材だけで更生しようとすると、「〇〇に行った記念に撮った写真」ばかりが並びがちですが、動画を織り交ぜることでムービーに変化が付けられます。素敵なお写真の合間に、新郎新婦のおふたりのお仕事をしている様子や普段お家で過ごしている様子、趣味の様子を撮影した動画が流れたらどうでしょう。なんだか見入ってしまいますよね。おふたりの人間性なども表現できて動画に厚みが生まれ、感動を呼ぶことができますのでぜひ参考にしてみてくださいね!

撮って出しエンドロール

Same Day Edit

 撮って出しエンドロールとは、その名の通り撮ったものをその場で編集して出す、当日の映像を盛り込んで編集する結婚式ムービーの花形的存在です。結婚式に参列されるゲストの中には撮って出しのエンドロールを楽しみにされている方もたくさんいらっしゃいます。

 メリットは前述した通り当日の様子が映るということ。当日の映像は何よりサプライズ感がありますね!また素材も動画ですので動きのあるエンドロールに仕上げることが可能です。また、プロのカメラマンが撮影するため、手作りよりもクオリティを上げやすいのが特徴。最近ではただ撮って編集するだけでなく、映画やPVに近い仕上がりの撮って出しエンドロールも制作が可能です。人生一ドラマチックなシーンを究極の映像美で作ってもらうことができます。また、撮って出しエンドロールにはテンプレートが存在しませんので、おふたりだけの100パーセントオリジナルなエンドロールが制作可能です。何より、エンドロールのことは全てプロに任せて、当日は目一杯結婚式を楽しむことに集中することができます。

 デメリットはやはり価格。写真で制作するエンドロールや手作りに比べてやはり価格は高くなります。

 

 

【メリット】

● 当日の様子が映る

● 動画を使用するため動きがつけやすい

● 映画のようなエンドロールを作ってもらえる

● テンプレートは一切ないので100パーセントオリジナルな映像が作れる

● エンドロールのことはプロに任せて当日は楽しむことだけに集中できる

 

【デメリット】

● 手作りに比べて価格が高い

 

 

 では、撮って出しエンドロールとは実際にどんなものなのか少し見ていきましょう。ここからご紹介するのはSTUDIO SUGARが実際に制作した撮って出しエンドロールです。ぜひご覧頂き、おふたりの結婚式のプランニングにご活用ください。また、おふたりに役立つ情報をブログにまとめてありますので、こちらも是非チェックしてみてください→東京都内で結婚式エンドロールを創り続ける結婚式撮影のプロが教える結婚式お役立ちブログ

Masashi + Ayumi / Same Day Edit 撮って出しエンドロール

東京都内で結婚式エンドロールを制作するSTUDIO SUGARが制作した撮って出しエンドロール

東京都内をはじめ、全国で結婚式のエンドロールを制作し続けるSTUDIO SUGARの実際の作例です。STUDIO SUGARでは映画のようなエンドロールムービー制作を得意としています。結婚式を通して人の生きる強さを表現することを目指し、映像美だけでなくドラマある結婚式エンドロールの制作を目指して日々撮影に励んでいます。また、PVや企業向け動画制作の技術を結婚式撮影にフルに投入できるのもSTUDIO SUGARの強みです。東京都内で結婚式を挙げる際はぜひ一度STUDIO SUGARをご検討ください。

Seiji + Humi / Same Day Edit(結婚式撮って出しエンドロール披露宴再入場まで)

東京都内をはじめ全国で撮って出しエンドロールを制作するSTUDIO SUGARの作例

 STUDIO SUGARが制作する、結婚式撮って出しエンドロールの作例です。STUDIO SUGARでは、その日のドラマを撮って出しエンドロールにギュッと凝縮してお届けします。まるで映画のような画質とカメラワークで、あなたの結婚式を映像で表現します。またSTUDIO SUGARのカメラマンは映像美だけでなく中身にもこだわり、あなただけのドラマを撮って出しエンドロールの中で表現することを目指し、日々撮影に励んでいます。東京埼玉千葉神奈川で結婚式を挙げる際はぜひ一度ご検討ください。